パーツモデルになるには

パーツモデル見出しパーツモデル業界ではスカウトはほとんどありません。

私の場合も、自分自身で今の事務所に履歴書を送りました。パーツモデルは特殊な仕事ですから、自分から飛び込んでいかなければ何も始まりません。

人から髪を誉めていただくことの多かった私はこの長所を生かした仕事がしてみたいと考えました。そこでパーツモデルを扱っている事務所をネットで探しました。

Googleなどの検索にいくつか引っかかったので、その中でも一番安全だと思える事務所に応募しました。1週間以内に書類審査の合格通知が届いたので次は事務所に面接に行き、その場で合格が決定しました。

私の記事を読んでパーツモデルになりたいと思った方、そのパーツが手であれ足であれ髪であれ、まずは行動してみて下さいね!

参考書籍

お家でおこもりエステ(CM100本、広告スチール200本を越えるパーツモデル界のカリスマ・金子エミが教えるボディケア実用書)

〈有名パーツモデル〉のお手入れ法(パーツモデルの60のケア&エクササイズと85アイテムを紹介)