パーツモデルをしていて良かったこと

パーツモデル見出しパーツモデルをしていて嫌なこともあれば良かったこともあります!

撮影現場でおいしいお弁当がでたりするのはプチハッピーですし、撮影の仕込みで髪の毛をこれでもかというくらいに綺麗にしてもらえるのもとても嬉しいです。トリミング程度に髪を揃えたりもするので、その分の美容院代が浮いたりして経済的にも助かります。

あとは初対面の方とお話していて「どんな仕事をしているんですか?」と聞かれた時に、「パーツモデルをしています。」と答えるとかなり食いつきが良く、そこから話も発展して短時間でうちとける事ができます。

パーツモデルの仕事を通して様々な方とお近づきになれますし、意外な人と再会できたこともありました。 某CM撮影がとあるスタジオで行われた時、私は集合時間よりかなり早めに到着してしまいました。

楽屋で待機しているとノックの音がして、もう一人のパーツモデルさんが入って来られました。 顔を見たとたん、この子知ってる!絶対知ってる!と思いました。何かの雑誌で拝見したとか、そういう類の「知ってる」とはわけが違うんです。恐る恐る「○○さん?○○□□さん?」と尋ねてみると………思った通り、中学の同級生でした。

こんな偶然てあるんだねとお互いに驚きました。かれこれ10年振りぐらいでしたからね。 おかげで待ち時間中も当時の懐かしい思い出話に花が咲き、あっという間に時間は過ぎていきました。

その子とはお互いのブログのアドレスを交換しましたし、「また撮影で一緒になれたらいいね。」などと言っています。パーツモデルをしていたからこその再会、とても嬉しかったです。