パーツモデルのオーディション1

パーツモデル見出し私の場合、パーツモデル事務所から電話がありオーディションの日程を教えてもらいます。

前もって何週間か前に教えてもらえることもあれば、「明後日行けますか?」と急に言われることもあります。

事務のアルバイトも掛け持ちでやっているので、急に言われたときは調整が大変です。でも、何が何でも調整はしますよ!

そのオーディションを受けないなら、仕事をいただくチャンスさえも逃してしまうことになりますからね。

 

年末のオーディション

以前、年末にパーツモデルのオーディションがありました。この時期ってどこも忙しいので事務のアルバイトの調整がなかなか思うようにいきませんでした。そのオーディションは確かお昼過ぎくらいに行われたのですが、事務所に交渉してもらって夕方の5時くらいまでクライアントさんに待ってもらったこともありました。

オーディション会場にはもちろん自費で、電車を乗り継いで向かいます。事務所から「○○時に□□へ行って下さい」とだけ言われるので、目的地を自分自身でパソコンを使って調べます。

当日はオーディション会場の最寄り駅に指定時間の30分前には着くようにしています。初めていく場所なので、万が一迷った時の事を想定しておくんですね。

迷わずにオーディション会場に到着し、それでも指定時間まで余裕があれば近くのカフェで時間を潰したりしています。